紹介予定派遣など派遣社員の登録、お仕事・求人情報は人材派遣会社のパナソニック エクセルスタッフへ

紹介予定派遣

職務経歴書の書き方

職務経歴書って何?

職務経歴書は、今まで自分がどんなお仕事をし、どんな成果・実績を上げてきたのかをアピールする書類です。
書類選考で提出する応募書類(履歴書・職務経歴書・自己PR文書)の中でいちばん重要といえます。
職務経歴書には決まった書き方はありませんが、大きく分けて「編年式」と「キャリア式」の2とおりがあります。

編年式

年月を見出しにして、入社から現在までの業務内容を時間に沿って表す方法です。
書きやすく、採用担当者にとっても読みやすいというメリットがありますが、アピールポイントを的確にピックアップしないとメリハリのない内容になってしまうので注意しましょう。
同じ職種・業種に携わってきた方や比較的経験の浅い人におすすめの書式です。

キャリア式

お仕事別にまとめる方法です。
経験豊富な人や、同時に複数の業務に携わることの多かった人に向いています。
この書式は現在までのキャリアの経緯が分かりにくいデメリットがあるので、簡単な編年体式の職務経歴書を付け加えるとより分かりやすくなります。

このページの先頭へ戻る

書き方のポイント

  • 読みやすく、簡潔な文章に

    あなたのキャリアをきちんと伝えるために、誰が見ても分かりやすい簡潔な文章作成を心がけましょう。
    また、職務経歴書はビジネス文書なので横書きで、箇条書きが基本です。

  • パソコンで作成し、読みやすく

    職務経歴書は、できるだけパソコンで作成しましょう。
    用紙はA4で1枚にまとめるのがベスト。多くても2~3枚に収めるようにしましょう。
    ※パソコンで作成する場合でも、署名は手書きで。

  • 実績は具体的に

    業務の業種や規模、貢献度、身につけたスキルは、できるだけ詳しく記入し、読む人がイメージしやすいようにしましょう。ただし、機密事項については内容に触れないよう注意して書きましょう。

  • アピール要素をしっかり伝える

    派遣経験後、紹介予定派遣に移行した場合

    通常の一般派遣で携わったお仕事の内容や、そのお仕事から学んだことを簡潔にまとめましょう。
    また、正社員を希望する理由を明確に書くことも大切です。

    正社員からの転職の場合

    これまでのお仕事の内容や実績、役職などを具体的に書きましょう。

    新卒・第二新卒の場合

    希望するお仕事で活かせそうな経験や、お仕事に対する熱意をアピールしましょう。

    経歴があまりない場合

    応募するお仕事と関係のあるアルバイト、パートの経験があれば、アピール要素となるので記入しましょう。

このページの先頭へ戻る

職務経歴書サンプル

編年式

年月日、派遣元、派遣先企業、業務内容などを時系列順に書きます。

提出日を記入する。

自筆で署名しましょう。

従事していた期間をわかりやすく書きましょう。

派遣先企業を書く時に、事業内容や期間(資本金・従業員数など)を書くとわかりやすくなります。

職務内容はできるだけ詳しく書きましょう。「営業のサポート」だけではなく、企画書作成、月次売上げ管理、といったように具体的に書くことがポイント。顧客も「100人」など、できるだけ数値を入れましょう。

パソコンスキルについて、使えるソフトを箇条書きに、そのソフトでどんな業務を行ってきたかを具体的に書きましょう。

  • スキルとは別の見出しを立てて取得資格を書きましょう。
  • 表彰などがあれば、別に見出しを立てて書きましょう。

正社員を希望していることと、その明確な理由を盛り込みましょう。その会社や仕事に対する熱意が伝わるような動機を心がけましょう。

仕事を通じて学んだことや成長したこと、今後やってみたいことを具体的に書きましょう。仕事の経験が浅くて職務経歴欄が短くなる場合は特に、自己PRに力を入れることが大切です。

キャリア式

編年式とは違い、お仕事別に見出しを立てることが特長。
年月日、派遣元、派遣先企業、業務内容、実績などを時系列順に書きます。

提出日を記入する。

自筆で署名しましょう。

派遣先企業を書く時に、事業内容や期間(資本金・従業員数など)を書くとわかりやすくなります。

仕事別に見出しを立てます。

職務内容はできるだけ詳しく書きましょう。「営業のサポート」だけではなく、企画書作成、月次売上げ管理、といったように具体的に書くことがポイントです。
顧客も「100人」など、できるだけ数値を入れましょう。

希望職種とは違う職種については、さらりと書く程度でOKです。

パソコンスキルについて、使えるソフトを箇条書きに、そのソフトでどんな業務を行ってきたかを具体的に書きましょう。

  • スキルとは別の見出しを立てて取得資格を書きましょう。
  • 表彰などがあれば、別に見出しを立てて書きましょう。

正社員を希望していることと、その明確な理由を盛り込みましょう。その会社や仕事に対する熱意が伝わるような動機を心がけましょう。

仕事を通じて学んだことや成長したこと、今後やってみたいことを具体的に書きましょう。仕事の経験が浅くて職務経歴欄が短くなる場合は特に、自己PRに力を入れることが大切です。

ケース別 自己PR

  • 社員を目指すことをアピールする場合
    なぜ社員になりたいか、社員になって何をしたいかを明確に

    現在、電化製品メーカーで事務職に従事しています。Excelを使った分析が得意で、現職でもピボットテーブルを使った分析業務を主に担当してします。

    また日頃から担当業務の整理・分析を行なって、分析データの準備にマクロを組んで工数を削減するなど、実施できる改善については積極的に行なっています。
    ただ、派遣勤務のため、どうしても改善に取り組める範囲が限られてしまっていることに、もどかしさを感じることもあります。

    今後は、得意とする分析スキルを駆使して、より大規模な分析や業務改善に取り組める立場で仕事をすることを希望しています。よろしくお願いします。

  • ブランクがある場合
    ブランクの理由と離職の間なにをしていたのかを説明する

    前職では食品会社で輸入貿易事務をしていました。主に専用システムを使用してのAWB作成、社内他部署への出荷指示、通関指示などを担当し、英文メールでの納期調整も行っていました。
    英語を使用するのは定型メールのみでしたが、もっとスキルを伸ばしたいと考え、TOEICを受験するためにスクールに通うことにしました。

    ちょうどその頃、母親の看護が必要となり退職することになりましたが、英語の勉強は続け、先日TOEICで650点を取得することができました。
    また、家族との話し合いで兄家族と母親が同居することになり、看護の手が離れたことから今回御社に応募することにいたしました。

    今後は、学んだ英語と貿易事務のスキルを活かして御社に貢献できるよう努力いたします。

  • 未経験の職種にチャレンジする場合
    なぜその仕事をしたいのか、どんなスキルがあるのか?

    私は前職で経理を担当し、出入金管理や伝票整理、貸借対照表などの作成業務を数年行っていました。業務全般においてパソコンを使用していましたので、ExcelやWordをはじめとしたオフィス系ソフトの操作経験は豊富です。また資格は、MOSと日商簿記2級を有しています。

    業務上ミスが許されないような環境だったこともあり、正確性や分析力のスキルが強くなりました。未経験ではありますが総務事務という会社を根底から支える仕事で、自身のスキルと経験を活かしたいと考えています。

  • 第二新卒の場合
    社会人としての基礎能力があることをアピール!

    前職の保険営業では、顧客からの信頼を得るために社交性や説得力、正確・迅速に業務を行う習慣を身につけました。多くの場面において「自己責任・自己管理」を求められ、自らが問題意識を持ち課題を見つけ、解決することが求められました。
    新入社員として最大限の力を発揮するべく努力し、また先輩方のサポートも受け、チームワークの中で仕事を進めていくことの重要性を理解できたように思います。また、パソコンスキルについては大学時代からを日常的に使用しており、MOSも取得しているため、ExcelやWordをはじめとしたオフィス系ソフトで、数字の管理、報告書の作成、プレゼンテーション作成など行っていました。

    貴社での業務はこれまでの業務とは異なる部分も多いとは存じますが、問題意識や目標を持ち、それを達成するということに関しては同じであると考えます。今後はさらに多くの経験を積んで、一日も早く貴社に貢献できる人材となれるよう努力いたします。

職務経歴書PDFサンプル

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルの閲覧には、Adobe社のAdobe Readerが必要です。
Adobe Reader持ちでない方は、ソフトウエアをダウンロードしてご覧ください。
Adobe Readerダウンロードはこちら

その他の紹介予定派遣マニュアル

紹介予定派遣のお仕事を探す

パナソニック エクセルスタッフには、自分に合ったお仕事を見つける2つの方法があります

  • 希望やスキルに合ったお仕事を見つける

    来社予約はこちら

  • まずはWebサイトでお仕事探し

    オンライン登録はこちら

紹介予定派遣
紹介予定派遣について
紹介予定派遣マニュアル
紹介予定派遣インタビュー

このページの先頭へ戻る